ストーカーは病気?「罰するだけでなく、ストーカー全員に適切な医療が提供される仕組みが重要」と心理カウンセラー小早川明子氏

ストーカーは病気?「罰するだけでなく、ストーカー全員に適切な医療が提供される仕組みが重要」と心理カウンセラー小早川明子氏

マル鳳探偵・事務局です。

 

女子SPA!より。

警察庁は’20年3月5日、昨年1年間に受理したストーカー被害の相談や通報は2万912件だったと発表した。
7年連続で2万人を超える高い水準が続いているストーカー被害。
トラブルを回避するにはどうすればいいのか。

4年前、別れ話に失敗して交際相手がストーカー化した。
相手は交際中に「俺はストーカーが苦手」と繰り返していたので大丈夫だろうと思っていたが甘かった。
電話やメッセージが止まらなくなり内容が激しい怒りと脅迫にエスカレートしたので警察に相談、逮捕となる。
まさか自分が刑事事件被害者になるとは。
その後示談・不起訴→再逮捕→起訴→実刑判決→服役→出所までの徹底抗戦のあらましは拙著『ストーカーとの七〇〇日戦争』(文藝春秋)に書いた。
解決までに途方もない時間と労力が飛び、今も心身に受けたダメージを完全にぬぐい切れない。
トラブルを回避する方法はなかったのか。
現在警察へのストーカー相談件数は年間2万件前後。
誰にでも起きうるトラブル/犯罪を事前に防ぐ手段や心構えを、これまで600人あまりのストーカーと対峙し、私もお世話になったカウンセラー小早川明子先生に聞いた。

女子SPA!

こちらの記事を書いている作家・内澤旬子氏も、実際にストーカーに遭われたのだとか。
この記事では、内澤氏も相談したという心理カウンセラー小早川明子氏へのインタビュー&会話形式で進んでいきます。

 

ストーカーは病気

(小早川明子氏)

ストーカーは病気なので、相手に対する執着が自分の努力では止まらなくて本人も苦しんでいるのです。
ストーカーに対応するとき、それを治してあげないといけないという視点が被害者の安全のためにも必要なのです。
大半のストーカーは、カウンセリングなどで気持ちを吐き出させてあげたり正しい情報を提供することで、立ち直っていけます。

けれど、全体の5%程度いる重篤なストーカーには治療が必要です。

現時点の司法ではストーカーに治療命令は出ませんが、それでも私は家族や弁護士と協力して2014年から20人以上のストーカーを治療に繋げ、ほぼ全員が社会復帰しました。

条件反射制御法という治療法です。

入院が必要で、治療機関も少ない状況ですが、大変高い効果を上げています。

罰するだけでなく、ストーカー全員に適切な医療が提供される仕組みづくりが待たれるところです。

女子SPA!

確かに病気だと思います。

少しでも身に危険を感じたり、何か違和感を覚えたら、すぐに専門家に相談してみたほうが、誰も傷つけることはないかかもしれません。

 

ストーカーに対して、自分でなんとかしよう!ということはとても危険です。
相手は病気なのですから。

 

日本ではまだストーカー行為自体が病気と認識されてはいません。

被害が大きくなってからでは取り返しがつきません。

一人で解決しようとせずに、まずはすぐに警察や弁護士、そして我々のような実績のあるストーカー被害解決専門の探偵事務所に助けを求めてくださいね。
的確に解決に導きます。