瞳に映る景色で住所特定……地下アイドルストーカーの異常手口(文春オンラインより)

瞳に映る景色で住所特定……地下アイドルストーカーの異常手口(文春オンラインより)

マル鳳探偵・事務局です。

文春オンラインより。
 
2月18日、アイドル活動をする20代の女性のマンションに侵入し、わいせつな行為をしたとして、住居侵入と強制わいせつ致傷の罪に問われた無職、佐藤響被告(27)の裁判員裁判の初公判が、東京地裁で開かれました。

SNS写真の瞳に映る景色で駅の形状、線路の本数を把握

検察側の冒頭陳述などによると、佐藤被告はネット上で、女性の目撃情報を探し、女性の自宅がある地下鉄路線にあたりをつけた。次に、女性のツイッターを確認する。アイドル活動のため、頻繁に写真などを投稿していた女性。その中に最寄り駅での自撮り画像があった。その瞳に映る景色で屋根など駅の形状、線路の本数、背後の看板を把握。グーグルの「ストリートビュー」を使って候補の路線の駅周辺を探していく中で、被害女性の最寄り駅を見つけたという。

文春オンライン「瞳に映る景色で住所特定……地下アイドルストーカー「住居侵入・強制わいせつ致傷」の異常手口」

すごく大好きだったのはわかるのですがね・・・。
その探索能力や洞察力があれば、他に活かすことができたのではないかな、と感じます。

ネット上のさまざまな情報を集めて発見した最寄り駅で待ち伏せし、現れた女性の後をつけて自宅マンションを特定したのだ。女性は自宅で動画配信をしていたため、動画の背景から部屋のある階を特定。さらに、この日も女性は自宅で動画を生配信しており、佐藤被告はこの階の全ての部屋のチャイムを押していった。

文春オンライン「瞳に映る景色で住所特定……地下アイドルストーカー「住居侵入・強制わいせつ致傷」の異常手口」

明らかにやりすぎです。

女性はいわゆる地下アイドルと呼ばれ、テレビ番組に出演するような人気グループよりも、ファンとの近さが売りだ。現に、佐藤被告のものとみられるツイッターには、被害女性の「チェキ」と呼ばれる写真も投稿されている。被害女性が自身の写真にメッセージを書き込んだものだ。
佐藤被告と一緒に映ったものもある。アイドル活動の一環ではあるが、被害女性から「好き」「浮気しないで」という手書きの文字が書かれたものもあり、佐藤被告は勘違いし、被害女性への思いを募らせていったのだろうか。

文春オンライン「瞳に映る景色で住所特定……地下アイドルストーカー「住居侵入・強制わいせつ致傷」の異常手口」

勘違いしてしまったのでしょうね。
それだけ純粋に好きだったのかもしれませんが、犯行手口をみると、とても純粋に好きな感情で行動しているとは思えません。

2月19日の論告求刑公判で検察側は懲役5年を求刑した。
「被害者を支えている優越感を得るため、自ら責任を負うことのできる限度を超えた活動」で金に困窮し、「被害者に対する不満と異性としての好意」が犯行の動機だと指摘し、「被害者の心情を慮らない極めて身勝手な行為」と非難した。
さらに、投稿した自撮り画像の瞳に映る景色などを利用して、最寄り駅を特定するなど「アイドルとしての活動を悪用し、強固な犯意に基づいた、執拗かつ粘着質で計画性の高い犯行」と切り捨てた。

文春オンライン「瞳に映る景色で住所特定……地下アイドルストーカー「住居侵入・強制わいせつ致傷」の異常手口」

佐藤被告は起訴内容を認めており、最終意見陳述では「事件でアイドルとしての活動はもちろん、日常も壊してしまった。被害者にできる限りのことをしたい」と話した。弁護側も「謝罪の手紙を書くなどして事件を反省している」と執行猶予付きの判決を求めている。

文春オンライン「瞳に映る景色で住所特定……地下アイドルストーカー「住居侵入・強制わいせつ致傷」の異常手口」

被害者の精神的な苦痛は、尋常ではありませんよね。
容易に想像できます。
本当に好きだったり応援しているのであれば、相手の幸せを願うことが一番です。
ただただ「自分の好きの押しつけ」をしてしまい、ついには犯行に及んでしまうのは、想像力の欠如が甚だしいです。
 
 
あなたが良かれと思ってかけた言葉を、いいように勘違いしてしまう異性がいるかもしれません。
少しでも不安を不安を感じたら、一人で解決しようとせずに、すぐに警察や弁護士、そして我々のような実績のあるストーカー被害解決専門の探偵事務所に助けを求めてくださいね。
的確に証拠を掴み、解決に導きます。